平成29年度 スカラシップ生認定証 授与式が行われました。

平成29年4月20日(木)12時30分より、学園本館4階会議室において平成29年度「新入学生スカラシップ生」及び「在学スカラシップ生」認定証授与式が行われました。
スカラシップ制度は、新入生は入学試験の成績、2年次生以上は前年度の学業成績において優秀な成績を修めた者に対し、学費サポートを行ない、将来社会に貢献できる人材を育成することを目的にしています。

平成29年度は「新入学スカラシップ生」5名(大学生3名、短大生2名)、「在学スカラシップ生」70名(大学生64名、短大生6名)の計75名の学生が認定され、臨席された先生方からの拍手の中、光田学長より各学校・学年の代表者へ認定証が授与されました。
認定証授与後、光田学長からスカラシップ生に向けた講話を受け、スカラシップ生は喜びとともに、その責任の重さを心に刻んでいました。
式終了後には、代表者以外のスカラシップ生へ、学科主任、科長の先生方から、一人ひとり認定証が手渡されました。

学長講話(要旨)

「スカラシップ生に認定されたみなさんおめでとうございます。厳しい基準であるにも関わらず、今年度は非常に多くの方がスカラシップ生に認定されました。1年間、勉学や様々な活動に打ち込み、精進された結果です。1年生は今年初めてですが、2年次以降もここに来られるよう頑張っていただきたい。大学の2年生3年生はまだもう1回、2回チャンスがあります。その中で、ただ単に成績がいいだけではなく、学生生活において他の学生の模範となって行動していただきたいと思います。」

  • 光田学長より認定証を授与されるスカラシップ生 「おめでとう!」
    光田学長より認定証を授与されるスカラシップ生
  • 各学科の先生から証書が手渡されました 「よく頑張ったね!」
    各学科の先生から証書が手渡されました
    「おめでとう!」
  • 各学科の先生から証書が手渡されました 「よく頑張ったね!」
    各学科の先生から証書が手渡されました
    「よく頑張ったね!」

大学:新着投稿一覧へ