科目内容の一部をご紹介します

栄養の基礎

栄養の基礎Ⅰ・Ⅱ

食品学、調理学、解剖生理学、生化学などの専門基礎科目を履修するうえで必要とされる化学や生物学の基礎知識を習得します。また、管理栄養士に必要とされる食品成分表の使用方法や栄養価計算の方法なども学びます。

臨床心理学

臨床心理学

人間の心身の発達や問題について臨床心理学の理論を用いながら理解し、クライエント(相談者)の行動や言葉の意味について学びます。また、グループワークなどを通して円滑なコミュニケーションについても学びます。

基礎ゼミ

基礎ゼミⅠ・Ⅱ

大学で学ぶために必要な心構えや、文章作成能力、調査能力、分析能力などを養う少人数制のゼミです。レポートの作成法や発表方法などの技法も習得します。また、管理栄養士が働く職場や業務内容についての理解も深めます。

解剖生理学

解剖生理学

人体の構造と機能を学び、食物の消化・吸収や代謝の機構、栄養と各種疾病とのかかわりなどを理解するための基礎知識を習得します。

生化学実験Ⅱ

生化学実験Ⅱ

生体や食品の構成成分について、高速液体クロマトグラフィー、薄層クロマトグラフィー、電気泳動法などの生化学的手法による分析を行います。また、消化酵素を中心として、酵素の生化学的特性についても理解を深めます。

食品学実験

栄養生理学実験

カルシウム、ナトリウムなどの栄養素について、食物からの摂取量と尿中の排出量を測定し、栄養素の代謝を理解します。また、さまざまな食品の摂取後の血糖値を測定し、食物の種類による血糖値への影響の違いを学びます。

食品学実験

食品学実験Ⅰ・Ⅱ

理化学実験の基礎的技術を修得したうえで、身近な食品中の各種成分につき定性ならびに定量実験、成分間反応に関する実験などを行います。これらの実験を通して、食品成分や成分表に関する理解を深めます。

調理学実習Ⅰ

調理学実習Ⅰ

調理学の講義で学んだ理論をもとに、調理の目的に沿った各種調理操作を実践的に行い、その技術を修得します。実習内容としては、計量や包丁の扱い方から始まり、日本、西洋、中国料理の基本的な調理を行います。

応用栄養学実習

応用栄養学実習

ヒトのライフステージごとの特徴を理解し、そのアセスメントや適切な栄養ケアの方法について、実習を通して具体的に学びます。

栄養教育論実習Ⅰ・Ⅱ

栄養教育論実習Ⅰ・Ⅱ

対象者に適切な栄養教育ができる能力の習得を目指した授業です。そのために、栄養アセスメント、教育プログラムの立案、教材作り、栄養教育の実施(ロールプレイング)の体験を通して学んでいきます。

臨床栄養学実習Ⅰ・Ⅱ

臨床栄養学実習Ⅰ・Ⅱ

病院や介護保険施設での業務に必要とされる身体計測、臨床検査、臨床診査などのアセスメント、食事介護等の技法を学びます。個々の疾患別栄養管理の症例検討や、病室を模した実習室でのロールプレイングも行います。

給食経営管理実習

給食経営管理実習

事業所、病院、高齢者施設、保育園等で必要とされる大量調理の基本と給食管理業務の実際を学びます。対象者の栄養アセスメントによる栄養計画から食事の提供、評価・改善までの知識や技術を習得します。